未分類

債務整理のリスクとは?

頭を抱える女性

「債務整理をすると、どんなリスクがある?」
「債務整理で借金が帳消しになるって本当?」
こんな疑問をお持ちのかたは、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

債務整理は借金の額が減ったり借金が免責されたりと良い面もありますが、さまざまなデメリットがあります。債務整理をお考えのかたはデメリットについて事前に知っておくと、いざという時に落ち着いて対処できるでしょう。

債務整理のリスク(デメリット)

債務整理にはさまざまなリスクがあります。

(債務整理自体については、こちらの記事が参考になります)

ブラックリストに載る

債務整理をすると、その情報が「JICC」「CIC」といった信用情報機関に登録されます。いわゆる「ブラックリストに載る」という状態です。

ブラックリストに載ると貸金業者からの信用がなくなるので、クレジットカードやローンによる借り入れができなくなります。

債務整理後にブラックリストに載る期間は次のとおりです。

・任意整理…約5年
・個人再生…約5~10年
・自己破産…約5~10年

ただしこれは借金の返済が終わってからの期間なので、例えば任意整理後の返済に2年かかった場合、合計で7年は借り入れができなくなります。

ちなみにクレジットカードの代用として、利用分が銀行口座から引き落とされる「デビットカード」や、チャージした分だけ使える「電子マネー」は使用できます。

官報に載る

官報とは国立印刷局が発行する新聞のようなもの。法律改正の情報や、裁判情報などが掲載されています。

任意整理では官報に載りませんが、自己破産や個人再生をするとその情報が掲載されてしまいます。

一般の人が官報を読むことはまれなので、「世間の人たちにバレてしまうのでは」と心配しすぎる必要はありません。

一部の職業に就けない期間がある

自己破産をすると、手続きを開始してから債務が免責されるまでの期間は、一部の職業に就けない決まりになっています。

具体的には警備会社の警備員、保険の外交員、弁護士、建設業者、古物商などはNGです。

任意整理や個人再生では職業の制限はないのでご安心を。

保証人への悪影響

債務整理をすると保証人や連帯保証人に悪影響が出る恐れがあります。特に連帯保証人は貸金業者に返済を迫られても、「債務者(借りた人)に請求して欲しい」と主張する権利もなかったりするので要注意。

もちろん債務者が債務整理をしても、その後きちんと返済できるなら保証人や連帯保証人への悪影響も少ないでしょう。

保証人や連帯保証人が返済不可能な場合は、今度は保証人や連帯保証人に債務整理が必要になることもあります。

話し合いに応じてもらえない場合がある

特に任意整理の場合は、貸金業者が借金の減額交渉に応じてくれない場合もあります。

任意整理は裁判所を通しておこなうわけではないので、貸金業者は話し合いに応じる義務はないのです。

ただし任意整理に応じてくれる貸金業者がほとんど。「貸金業者との交渉は苦手」というかたは、弁護士や司法書士に依頼すると良いでしょう。

財産が処分される

自己破産をした場合は、財産が処分されるのは覚悟しましょう。

自宅や車などはもちろん、家財道具なども借金返済のために処分されます。手元に残るのは時価20万円以下の財産や、99万円以下の現金のみです。家や車が処分されると、もちろん家族への影響もあるでしょう。

自己破産は全額が免責になる反面、こうしたデメリットも考えなくてはなりません。

手間がかかる

任意整理は個人でやれないことはないのですが、個人再生や自己破産は手続きに必要な書類が多く、個人でおこなうのは難しいでしょう。

個人再生や自己破産をおこなう場合は、弁護士や司法書士に代行してもらうのが一般的です。

債務整理で心配しなくても良い点

さまざまなデメリットがある債務整理ですが、全てがデメリットというわけでもありません。

会社はクビにならない

債務整理をしても、会社をクビになることはありません。

また任意整理の場合、会社からお金を借りていたりしなければ、会社にバレることもないでしょう。

ヤミ金に注意

債務整理をすると金融機関からお金を借りられなくなります。そんな時にヤミ金からはお金を借りないように注意が必要です。

ヤミ金からお金を借りると法外な利息を請求されるだけでなく、個人情報を使った犯罪に巻き込まれる可能性が非常に高いです。官報に載った情報を元にダイレクトメールを送ってくる場合もあるので、ヤミ金には絶対に関わらないようにしましょう。

まとめ

債務整理にはさまざまな・リスクやデメリットが付きものです。

しかし上手に債務整理をおこなえば、借金が減額できたり免責になったりするので、必ずしも悪いものではありません。

もちろん安易に債務整理をするのはおすすめできませんが、「借金が返せなくて困っている」というかたは、まずは弁護士や司法書士といった専門家に相談してみましょう。